2017年12月20日 (水)

サンプルの計画案

Img_1319_2


クライアントが購入を検討中の敷地にサンプルの計画案を作成。

ザックリとでも計画案を作成すると、イメージが広がると思います。


|

2017年12月 7日 (木)

すばらしい土地。

Img_1251_2

今日は、クライアントが購入を検討中の敷地を調査。
市道から角地で隣接する脇道は、法的には道路では無いらしい。
法的に必要な幅員4mに僅かに満たない為に、このままでは位置指定道路に成りません。

将来、この道路の維持管理などの問題が無いとは言えません。
しかし、購入予定の敷地の接道に問題は有りません。
これほどの立地は、滅多に手に入らない
素晴らしい土地です。
土地の購入を、お考えの方はご購入の前に信頼できる建築設計事務所に、事前調査を依頼して問題点を確認する事をお勧めします。

|

2017年12月 2日 (土)

クリニックのブランディング

Kimura01

以前からクライアント様のみにお渡しして、ご好評いただいていました
クリニックのブランディングマニュアルをホームページReportにアップいたしました。

ご興味のある方は、是非ご覧ください。

|

2017年11月24日 (金)

ファサードの開口部バランス

1000平方メートルの林に建つ歯科医院の時に待合室の開口部デザインのお話の続きです。

Img_1227_2

写真は本州系のコンビニエンスストア最大手の外観です。

かなりの大開口で、街に光が溢れ出す感じですね。

Img_1230


次の写真は、道内中心のコンビニエンスストアーです。

店内の視認性を高めると、入店しやすくなりますが冷暖房付加が増えてしまいます。

加えて店舗やクリニックの場合、Low-Eガラスは反射の関係で視認性が低下して使用できません。

コンビニエンスストアーの場合は、名前での認知度もあるので、そのまま集客力に影響しないかもしれませんが、新規開業の店舗や医院の場合は慎重にバランスを考慮する必要があります。

また、床高さも高くすると入りづらくなります。

以前、パチンコ店の設計をしていましたが、入口に庇を付けただけで客足が落ちると言われて居ました。

1137

写真は恵庭市の井口歯科です。

内部の動線や使い勝手と同じくファサードのデザインも大切です。

|

2017年11月22日 (水)

1000平方メートルの林に計画中の歯科修正案B。

1121modelb2_4

床高さや待合室の変更で、シンメトリーなファサードに成りました。

待合室の開口部の表現が課題ですね。

大開口にしたいのですが極寒地なので。

|

2017年11月10日 (金)

ホームページリニューアル

Hairun_00

3年ぶりにヒガシノデザインホームページ

リニューアルしました。

更新の度に、操作方法を忘れていて大変です。

もう少し、更新のスパンを短くしないと・・・。

|

2017年11月 3日 (金)

たたき台の計画案

1031modela_2

1000平方メートルの林に計画中のデンタル。

第一弾のたたき台です。

ホームページのリニューアルに先立ってブログを更新しました。

ホームページアドレスも変更になりました。

|

2015年6月17日 (水)

平岸の小児科完成

0617

平岸の小児科が完成して引き渡しに成りました。

7月6日開院予定です。

アレルギー科を併設しています。

|

2015年5月20日 (水)

平岸の小児科は中盤戦

0520

着工から3週間、設備配管や電気配線に床をかぶせる段階です。

間仕切り壁や建具枠も設置されて、完成まで1か月を切りました。

次は、いよいよ仕上の作業です。

|

2015年5月 5日 (火)

2015宮の森の家計画案

0505

宮の森のモデルハウスの計画案が出来上がりました。

連休明けが期限でしたので、ぎりぎりです。

眺望と、プライバシーを両立する、バッファゾーンが特徴の計画案です。




|

より以前の記事一覧