2013年5月 4日 (土)

ハウスバード完成

0504

北海道のGWは、とても寒くて外に出られる天候ではありません。

おかげで以前購入して手を入れていた、イームズハウスバードを完成させる事が出来ました。

ヴィトラ社の物では無かったので塗装を剥がして素地から削り直していましたが、やっと完成しました。

紫檀のオリジナルハウスバードとペアになりました。

|

2010年11月25日 (木)

asi

101125

この写真だけを見ると一体何だか解らないアングルです。

先日の鳥の脚部分を裏から見たところですが、面白い絵なのでアップしてみました。

|

2010年11月23日 (火)

木彫りの鳥ついに完成

101123

祝日の今日は、午前中に明日締め切りの図面を書き上げて、午後からは木彫りの鳥を完成させました。

このフォルムを見てピンと来た方は、かなりの建築ツウです。

ミッドセンチュリーを代表する、建築家で数々の家具デザインを残したイームズが気に入っていたオブジェを参考にしています。

少し小さめで太り気味ですが、世界に一つだけの紫檀のオリジナルです。

明日からはこの鳥が、お客様をお迎えします。

|

2010年11月22日 (月)

木彫りの鳥のその後

101122

何時もは、手づくり感を残す為にヤスリで仕上ませんが、今回は紫檀の木目を生かすためにピカピカにヤスリで仕上ています。

後は、目を入れて脚をつけると完成です。

この紫檀は、床柱の切れ端で現場からいただいてきた物です。

他にも、樫やタモなどの銘木が残っていますが、どれも手強い木ばかりです。

|

2010年11月17日 (水)

木彫りの作業台

101116

木彫りの作業台は、A4位の合板に堅木をとめただけの手作りです。

昔、版画を彫るのに使った物と同じで手前を机に引っ掛けて使います。

最近は、滑り止めのゴムを敷いて版画を彫るようですが、私はこの作業台が無いと木彫りは出来ませんね。

|

2010年11月15日 (月)

久しぶりの木彫り

101115

昨日は、久しぶりにノミを手に木彫りに挑戦しました。

木が硬い上に、切り出しナイフを使うには大きな鳥なのでノミで削って行くしかありません。

昨日は、刃が切れなくなったので此処まででした。

木目とフォルムを合わせるのに手間取っていますが、削りたての木の香には癒されます。

|

2009年1月 1日 (木)

謹賀新年

090101_3 今年も宜しくお願いいたします。

年末から作り始めた鳥が完成しました。
子供が手のひらで温もりを感じられるように、脚や台座も付けません。仕上げも木素地のままです。
もの作り本質は、思いやりです。

|

2008年12月30日 (火)

バードカービング

0812230_3

大不況の歳の瀬ですが空いた時間に、ゆるキャラな鳥を彫ろうと思っています。

気を取り直して、少しだけリラックス。

|

2008年12月17日 (水)

木彫りの鳥は未完成のまま

081217

趣味で、木彫りをしています。

写真は、事務所の片隅で完成を待つ鳥達です。

5年経った今も完成しない鳥も居ます。

仕上げてしまうと手元を離れてしまいそうで仕上る気がしません。

建築家は出来る限りの能力で想いをこめて建物を造ります。

しかし、完成した瞬間に造った建物を建て主に手渡すのが仕事です。

その反動かもしれませんね。

|

2008年5月14日 (水)

札幌の情報誌オトン

Oton3

札幌の情報誌オトン(あるた出版)vol 8に趣味のバードカービングが取り上げられました。

|

より以前の記事一覧