« B型のこだわり | トップページ | 札幌は今日も小春日和 »

2008年12月 6日 (土)

ボーイズビーアンビシャス(島松沢)最終回

081206_2

 ここ島松沢は、寒地稲作発祥の地でもあります。
後に旧島松駅逓所の運営を担った中山久蔵氏が、この場所で明治6年の秋に米を収穫したのが、北海道の米づくりの始まりです。
 水温を一定に保つため相当に苦労したそうです、まさにフロンティアスピリッツですね。

 私の家は、小学校1年まで、隣の恵庭で農業を営んでいました。
ある日、風呂桶いっぱいに、お米がお湯に浸かって居ました。
あの頃は、そうやって米の発芽を促進していたのでしょうね。

大きな不安と希望が見えないな今こそ、ボーイズビーアンビシャスです。

この話をまとめたショートストーリーをご覧いただけます。
「北海道米紀行」(寒地稲作成功130年記念事業実行委員会制作) 
 

|

« B型のこだわり | トップページ | 札幌は今日も小春日和 »

ボーイズビーアンビシャス」カテゴリの記事

北の国から」カテゴリの記事